有用微生物

農薬と化学肥料で育てられた野菜は、畑で収穫された見た目に美しい野菜かもしれませんが、私は「工場由来の食品」と考えます。なぜなら、命の情報をもたず、工場で作られた化学薬品の情報をその身に秘めているからです。しかし、いまの時代は、農薬や化学肥料を使った野菜、果物をすべて排除するのは不可能に近い状態にあります。私も外食すれば、農薬まみれの野菜を口にしてしまうことも当然あります。ですから、急にいっさいを排除することを考えるのではなく、まずは少しでも農薬の少ないものを選んだり、ちょっと高くても有機栽培のものをたまに買ってみたりすることから、始めてみてはいかがでしょうか。有機栽培は虫食いがあったり、見た目がよくないのに値段ばかり高い、そう思っていた人が、虫食い穴があるのは、虫が食べられるほど安全な作物なんだと知っていただくだけでも、大きな変化だと思います。本当に安全な食品、本当に体によい食品はどのようなものなのかを知り、少しずつでもそういうものを購入する人が増えれば、現在の農薬・化学肥料重視の日本の農業も変わっていくと思います。

 

実際多くの生産者が有用微生物を使うなどの工夫をして、安全な農作物を作る努力をしています。私は、完全無農薬。無化学肥料で作られた玄米を愛用しています。値段は通常より少し高めですが、田んぼに引く水に備長炭を入れて水の浄化に努めたり、合鴨農法で雑草と害虫の駆除を行うなど、本当に消費者の健康に配慮している姿勢を見ると、けっして法外な値段だとは思いません。

 

 

このような話をすると、「それではお金に余裕のある人しか健康になれないのか。オーガニック食品の生産量が限られている現状を考えると、 一部の人しか健康を享受できないではないか」と、反論される方もいるでしょう。私たち消費者が「安全な食品が欲しい」と、声を大にしていってこなかったから、生産者も作ってくれないのです。安全な食品を本気で求める消費者が増えれば、安全な食品を作ろうとする生産者も増えてくるはずです。やがて市場原理が働き、価格も下がってくるわけです。

 

調べてみると、花を育てるためのガラス張りの「温室」は古くからありましたが、農作物を育てるための「ビニールハウス」は日本の発明品なのです。日本のハウス栽培は最初、ビニールではなく障子紙が使われていたといいます。それが一九五三年に塩化ビニールが使われるようになったのを機に、全国に広まっていったので


このページの先頭へ戻る